COLUMNコラム

ポスティングと新聞折込、どちらにしようか迷ったら?

 

ポスティングはチラシを直接ポストに投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる販促手法になります。

同様のダイレクトマーケティングとして新聞折込が挙げられます。どちらも紙のチラシを届ける手法になりますが、両者の間には異なる特徴があります。

 

この記事ではポスティングと新聞折込のそれぞれの特徴と、「販促手法としてどちらを選択すべきか」といった判断基準について説明しています。

 

 

ポスティングと新聞折込のそれぞれの特徴

ポスティングと新聞折込のそれぞれの特徴についてご紹介します。

 

配布できるエリア

ポスティングは希望のエリアにて、町丁目まで指定して配布をすることができます。また、国勢調査の結果などをもとに、年代・年収別でのエリアの絞り込みも可能です。

 

対する新聞折込は、広範囲への大量配布を目的としています。町丁目の指定まではできませんが、新聞の銘柄を選択し配布部数を調整することができます。

 

セグメント

ポスティングは「戸建てのみ」「アパート・マンションのみ」など、建物の形態を指定して配布することができます。ただし、「投函禁止」などの文言が掲げられている住宅に関してはクレームに繋がる可能性もあるので、配布をすることはできません。

 

新聞折込は購読世帯に配布を行うため、建物でのセグメントはできません。しかし、「投函禁止」と書かれている物件でも新聞の購読者であればチラシを折り込んで届けることができます。

 

ターゲットになる層

チラシをどの層に届けるかによっては、チラシそのものの反響率にも関わってきます。

ポスティングでは年齢・エリア・建物の形態によって、ある程度ターゲットを絞り込むことができます。

たとえば学習塾のチラシを高齢世帯に配布しても、反響に繋がる可能性は低いでしょう。

ファミリー世帯が多いエリアに絞って配布できる点は、ポスティングならではの利点と言えます。

 

新聞折込は、新聞購読世帯以外に届くことはありません。近年は若年層の新聞離れが顕著になっており、新聞折込で狙えるターゲット層は、主婦層や年配層になるでしょう。

 

価格

ポスティングのA4サイズ一枚の平均単価は3~5円前後です。これは配布するエリアの建物の密集度や配布する期間などの要因で変動します。地方などのそもそも建物が少ないエリアでは、一枚あたりの単価が8円前後になることもあります。

 

新聞折込では同じA4サイズでも3円前後で配布できます。

変形チラシや冊子を折り込む場合は価格が上がりますが、ポスティングに比べると比較的安価に設定されています。

 

 

配布期間・スピード

ポスティングでは配布する枚数にもよりますが、おおむね一週間を配布期間と定めている業者が多いです。荒天の際などは配布を断念せざるを得ない場合があるため、ある程度余裕を持って配布を行っています。

また、配布期間を短縮する場合、その分配布スタッフを増員するなどの関係から単価が上がる傾向があります。

 

一方、新聞折込は一日で届きます。雨天でも新聞配達は行われますので、チラシをすぐに届けたい場合には、新聞折込が適しています。

 

進和プロモーションは1985年創業のポスティング会社です。

ポスティングに関するご相談はお気軽に!

0120-044-095

 

 

ポスティングと新聞折込、どちらにしようか迷った時は?

 

ここまでの内容で、ポスティングと新聞折込の特徴についてはご理解いただけたと思います。

そのうえで、「どちらの方法にすべきか迷う」という場合は、以下のポイントを参考に検討してみてください。

 

業種による向き・不向きを確認する

ポスティングは新聞折込ではカバーしきれない若年層にもチラシを届けることができます。

よって、美容室やエステサロン、スポーツジムといった業種のチラシで反響が期待できます。

また、地域密着型の店舗(個人経営の飲食店や学習塾等)の場合も、お店の半径から〇〇km以内などの条件でチラシを配ることができます。

 

対して新聞購読者は多くが高齢者層・ファミリー層です。不動産やスーパーの特売チラシなどの反響が見込めます。

 

ターゲットの有無で決める

「どのくらい細かくターゲットを設定するか」によって配布方法を選択するのも一つの手です。

 

チラシのターゲットは細かく設定した方が反響に繋がりやすい傾向があります。

より細かなターゲット像があるほどデザインも個人に刺さるものが出来上がりますし、エリアの選定にもプラスに働きます。

特定のターゲットがある場合は、ポスティングがおすすめです。

 

ポスティングでのターゲットの決め方は、以下の記事もご参照ください。

 

 

 

まとめ

ポスティングと新聞折込のそれぞれの特徴・違いについてご理解いただけたでしょうか。

ターゲットを絞って配布を行いたい場合はポスティングがおすすめです。

一方で短期間でチラシを配りたい・なるべく安価で済ませたいという場合は、新聞折込が適しているでしょう。


株式会社進和プロモーションは、福岡・大阪・東京を中心にポスティングを行っています。

1985年の創業時より様々なお客様からポスティングのご依頼をいただいています。

 

クリエイティブや印刷・エリア選定などについても十分な実績があります。

 

ポスティングに関するお悩みがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください!

0120-044-095

お申込み・無料相談はこちらお見積りフォームお問い合わせフォーム