BLOGスタッフブログ

甘栗エンドレス理論のお話

みなさまこんにちは☆彡

ミック事業部 営業課の有馬です。

 

1月になってから更に寒さが増したな、

と感じる今日この頃……

 

 

弊社のミック事業部は1階が倉庫なので

暖房がついているのに会社の中がとーーーーっても寒くて、

 

外の方がよっぽど暖かい、なんて時もあるんです(;^ω^)

 

 

 

 

 

そんな極寒の社内で、少しでも体を温めようと

私のランチは毎日セブンイレブンのおでん一択。。。。

 

ちなみにいつも食べていた具材は、

大根&こんにゃくか、たまご&こんにゃくです。

 

本当に昨年は毎日それだったので

さすがに、、、、、

 

飽きちゃいました。

 

 

実は弊社、電子レンジもトースターも、IHコンロもフライパンも、

食器洗浄乾燥機までなんでもそろっているので

 

 

おでんでなくても温かいランチが食べられるんです!!!

 

 

おでんはしばらくやめることにしました。

 

 

 

そういえば、進和プロモーションの物知りグルメ担当、

 

友田さんは甘栗をトースターで焼いて食べられるそうなんです!!!

 

 

硬い皮付きの甘栗をオーブントースターで焼くと、

冷えて皮が剥きにくくなった甘栗の皮が簡単に剥けるんだとか。

 

しかも渋皮も一緒にスルッと!

 

 

友田さん、

赤い紙袋に白字で【天津甘栗】と書かれた甘栗しか

買わないそうなんですが、

 

私は皮付きの甘栗があること自体、初めて知りました!

 

 

 

 

 

それを1つ1つ、


「これは栗色にツヤツヤ光って美味しそうだ」


「こっちはこげ茶色で少し苦いな、外れだ…」


と一喜一憂しながら食べていき、

 

 


最後の1個が…………

 

こげ茶色の外れの栗だったら。

 

そこからはもう、延長戦ですね。。。

 

 

焼いては食べ、焼いては食べ、

 

最後の1個が当たりの甘~い栗だったとしても、

 

もっと食べたくなって、また焼いて。

 

 

友田さんはそれを、『甘栗エンドレス理論』と呼んでいました(笑)

 

 

 

 

でも、甘栗に限らず、なんでもそうですよね!

 

 

ポスティングだって!

 

 

「反響がイマイチだった…

響くはずの人のところまでいきわたらなかったのかもしれない。

次は、前回より枚数を増やしてみよう。」

 

「反響がすごかった!

次回は枚数を増やしてもっと集客しよう!

エリアも拡大してもいいかも!」

 

 

どちらにしても終わりが無いですよね((+_+))

 

 

確かに、エリアや枚数を増やせば

より多くの人の目に入れることが出来ますが、

 

反響に関しては、チラシの内容やタイミングによっても違ってくるので

 

増やせば増やしただけ絶対に反響が出る!とは、

 

なんとも言い難いところ。

 

 

甘栗も、自分のタイミングでやめない限り止まりません。

 

だって甘いものは、

お腹いっぱいでも食べられてしまいますから!

 

 

別腹ってやつですね(笑)

 

 

今回は、友田さんのエンドレス甘栗理論のお話でした。

 

皆さまもお気を付けくださいませ(笑)

 

 

 

 

アーカイブ
最新記事
お申込み・無料相談はこちらお見積りフォーム